お盆休みは小樽まで、そして旦那母の生まれ故郷余市に行ってきました。

今年のお盆休みは、数年ぶりに小樽まで出かけてきました。

北の端っこから小樽までは走行距離350キロ程。

結婚してから28年。初めて旦那母の生まれ故郷にも行ってきました。

場所は朝ドラで一躍有名になった「マッサン」の舞台である余市町です。

今はもう実家も取り壊されて、遠い親戚が数人いるだけ・・・。

旦那も高校生以来30数年ぶりで、当時とはすっかり変わってしまった町並みに驚いたようです。

旦那母の実家の隣には国指定の重要文化財旧下ヨイチ運上屋という史跡がありました。

CIMG2069.jpg

CIMG2071.jpg
外観からは想像できない程中は立派な作りでしたよー。

玄関を入ってすぐには囲炉裏があり、風情のある作り。。。でも母によるとその昔はここはアパートで、こんな立派なものだとは知らなかったらしい。

ガイドさんの話では昭和50年代半ばに資料をもとに復元されたという事で、建築資材や色々なものが残っていたので当時のままの姿に復元されたのだという。

CIMG2074.jpg

このお侍さんはなんと「遠山の金さん」のお父様だそう~!!

そんな有名な方のお父様がこんな辺鄙な蝦夷地に参っていたとは驚きました。

CIMG2075.jpg

当時の地図です。(江戸時代)

この広く空いた空き地に旦那母の実家があったわけですね~!!

何だか感慨深いですよね~!!今はもうすっかり何もありませんけどね。











関連記事

COMMENT 0