潮干狩り 第二弾

今日は昨日よりもさらに暖かい一日でした。

気温は最高気温24℃まで上がり、やっと、やっと春らしい天気に恵まれました

なので昨日書いた通り、家族で潮干狩り行ってきました~!
CIMG0350.jpg
やっと道路わきには草花が咲き始めました。


CIMG0353.jpg
車で10分弱、昨日よりもちょっと北の海岸へ

CIMG0354.jpg
人があまりいません。
いつもならたくさんの人で賑わっているはずなのに・・・


とにかく家族三人で辺りを掘りまくり
何とかこのぐらい採れました。
CIMG0355.jpg
なぜ人がまばらだったのか、掘っていてわかりました。
例年に比べてあさりが採れてないのです。

ここで会ったおじさんも「あさりが採れなくなったから、人があまりいないんだね。」
と言っていました。

そしてこんなことも「今年は変な年だよ。深川(北海道の真ん中辺り)の方じゃ田んぼのカエルが鳴かないんだから・・・いつもだったらカエルの鳴き声がするんだけど一度も聞いてない!」って

そういえばホタテも今年のものは何か変です。
どう変かっていうと、異常に柔らかい。生でもボイルでも、そしてとっても甘い。

何でもホタテのうまみ成分が今年のものはすごく多いらしくて、まれにみる美味しさなのです。

ここら辺の海で採れるホタテはどこのものでもそうらしいです。

でもホタテだけではないかも、昨日採ってきたあさりを今日お味噌汁にしてみたら
あさりの身も柔らかいことに気づきました。

新鮮なあさりは茹でるとプリプリした食感なのにとっても柔らかかったように感じた。

海で何か起こっているのだろうか??とちょっと不安を感じている。



それから、やっと暖かくなって、気温が24℃にもなれば虫ぐらい飛んでてよさそうなのに
今日一日外にいたけれど、虫一匹見ていない。

本当、今年は何かがおかしい気がする。

気のせいだといいんですが・・・








関連記事

COMMENT 2

ピー助  2013, 05. 27 [Mon] 00:10

不思議ですね~

kashineeさん こんばんは!v-283

3人がかりとは言え、そんなに獲れたらすごいですよ~
羨ましい環境ですね!

海水の温度上昇の影響で、アサリやホタテが捕食するエサが変わり、身の味に影響が出ているのかな~と思います。。。。素人の考察。

北九州の近海でも従来いなかったエイやクラゲが数年前から大量発生したとか・・・

大勢のホタテがこちらまで泳いで来てくれないかな~
アミを構えて待ってます!

実は大好物なのですよ~
昨日はスーパで特売のホタテ弁当を見つけまして買っちゃいました。

アサリはその昔大当たりしまして~1週間も会社を休むことになったことがあり、実は食べるのが怖いのです。。。

明日もご安全に!v-222v-512

Edit | Reply | 

kashinee  2013, 05. 27 [Mon] 17:00

本当に不思議です

ピー助さん こんにちはe-257

あんなに寒かったのに海水温は上がっていたのかなぁ~!

でも近年、北海道では水揚げされなかったブリがよく水揚げされるようになったのも事実です。

しかも南国に生息するアオイガイというものも少なからずいることがわかりました。

ホタテは20年以上勤めている人も漁師さんも皆首をかしげていることは確かです。

アサリはやはり今年はあまり採れていないと皆さん言っていました。

今年の海が何か変なのでしょうね。



Edit | Reply |