半端な毛糸

CIMG1419.jpg

ダメ元で実家の母に余り毛糸を無心してきた。

「余ってる毛糸~??そんなものあるべかね」と押し入れをゴソゴソ探しまくって、なんとかこれだけゲット~!!

やはり年寄り・・・地味~な色しか無かった。゚(゚´Д`゚)゚。

まぁ~ところどころにちりばめる程度なら良しとして、頂いてきました。

相変わらずの編み物生活継続中の70代の母親です。。。

昔はセーターやらスカートやら、色々なものを作ってくれたものですが、今はボケ防止のため、孫にあれやこれや、爺さんには靴下を毎日編んでいるようです。

思えばkashineeの編み物好きは母親の影響が大きい。

ルーツをたどれば、母親もまた同じ・・・、北の寒い地域は、身につけるものはほとんどが毛糸のもの。

今ではおしゃれアイテムでも、昔は生活の一部だったのですよね。

街に行けばなんでも手に入る今ですが、こう言うものほど残していきたい文化だとkashineeは思います。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村



関連記事

COMMENT 2

樟葉  2016, 03. 24 [Thu] 09:52

そうですねぇ。

 残しておきたい文化、本当にそうだと思います。

 私も母が洋裁、編み物、お菓子作りをやる人だったので、道具が揃っていた、教えてもらえる人がいたということで、なんとかちょっと出来てる感じです。

 洋裁は、まったく才能も受け継ぎませんでしたが><。

 買えば済むと言えばそうですが、やっぱり愛情と手間のかかったもの、たった一つのオリジナルって、いいですよねー。

 kashineeさんが今毛糸入れにしているあのバッグだって、お店では手に入らない。
 素敵な品だと思いますー。

Edit | Reply | 

kashinee  2016, 03. 24 [Thu] 10:25

受け継ぐって大事な事ですよね

樟葉さんもお母様から色々と習っていたんですね。

これって本当に大事な事だと思います。

洋裁はkashineeもからっきしダメ~!!
でもある程度の繕い物が出来ればいいやって事で、良しとしてます。

先日テレビで昔のお母さんは色んなものを作っていたっていうのを見ましたが、どこの家庭でもそういう時代がありましたよねー。

子供は親の背中を見て育つ。。。これが今足りない部分なんだなぁ~と思います。

たった一つのオリジナル。なんか良い言葉~!!

昔の家にはそれがあふれていたんですよねー。

Edit | Reply |