この貝は?

以前、ホタテの加工処理終了で鮭処理に転向するよと言っておりましたが・・・。

あれほど鮭に転向するぞ~と息巻いてた我社ですが、海ではそこそこっていうか結構揚がってるはずなのに

どういう事なのか、入荷しない。

なぜなら、うちの会社がやろうとしてたのは川に入った鮭だったからなのです。

海でガツンと獲ってしまうものだから、川に遡上する鮭が居ないって話ですよー。゚(゚´Д`゚)゚。

まったく何やってんだか。

えっ?海のはやらないの?って思いますよね~。

実は海の物を処理する機械がうちには無いのです。(処理方法が違うらしいのですよ)

という事で今は、よそ様の港で獲れた(オホーツク海でも北の方は獲れてるのだ)ホタテを仕入れて、玉冷を作ってます。

とりあえずは首がつながった状態です。

今日はそのホタテを処理していたら、大量にこんな貝が混ざってました。

CIMG1072.jpg

大きさにして煙草の箱より一回りほど大きいものです。

中身は奇麗なオレンジ色でホッキ貝のような身でした。。。さて何の貝でしょうー?

一見ハマグリのような超でかいあさりのような感じ。




答えは・・・蝦夷バカガイというものでしたー。

オホーツクの海岸線沿いに生まれた時から住んでいますが、初めて食べたー。

でもこの貝よ~く見てみると、横に入っている線がかなり多い事に気づきませんか?

貝って木の年輪と同じで、この横線一本が一年のはず。

なのでこの貝たちはどれも10年以上成長してきた貝たちなのです。

それを考えると、凄いですよね~、食べちゃったけど(。-_-。)

甘くて、美味しい貝でした~(o‘∀‘o)*:◦♪
関連記事

COMMENT 2

ピー助  2015, 10. 15 [Thu] 19:28

釣ってみた~い!

kashineeさん こんばんは!v-283

川を遡上する鮭がいなくなったら、稚魚が生まれず、いずれ絶滅することになる!

・・・などと単純に心配ですが、そこのところはチャンと人工で飼育した稚魚を放流するとかしているのでしょうね~

昨日まで海に居て、今日から川を遡上する鮭の身にどんな変化が起こるのでしょう?

不思議ですね~

馬鹿デカイ貝・・・故に略してバカガイとはお気の毒なお名前です。

「玉冷」・・・なんとお読みすればよいのやら。。。

冷凍のホタテに素晴らしい名前があるんですね~


明日もご安全に!v-222v-512

Edit | Reply | 

kashinee  2015, 10. 15 [Thu] 22:47

これは失礼いたしました。

ピー助さん こんばんはe-257

「玉冷」と書いて「たまれい」と読みます。

ホタテの貝柱を丸ごと冷凍したもので、お刺身にするのにもってこいなんですよ~。

鮭は川に遡上して自然のままに孵化するのが本当の姿ですよね。

でも美味しいのは、銀毛と言われる脂ののった海の物。。。

それでも結構な数が川に入ってくるはずなのですが、今年はあまり見られないようです。

海の物と川の物との違いは、脂ののりと肌の色つや。

川に入ってくると、どんどん身体が産卵モードになるので命がけで川を遡上するのですよ。

最後は川で産卵を終えて一生を終えてしまいます。

「ほっちゃれ」って聞いたことありますか?

身体がボロボロになった鮭のメスのことです。

こうなったらあとはヒグマの餌ですね。

今時期、海岸線にはたくさんの釣り人達で大賑わいしてますよー。

マナーが悪い輩には困りものですが・・・。

Edit | Reply |