つま先から編むと意外と簡単だった

CIMG0264.jpg
つま先から編む靴下。なにそれ?って感じですよね。
去年の年末くらいに、知り合いに聞いて覚えました。

今まで靴下は難しいと思っていましたが、これを覚えるとなんのことはない簡単に編めるものに変わりました。
しかも今まで輪で編むものと言ったら4本針が基本だったのが、今では5本針または輪針ですね。

まずは作り目、ここで説明するのは難しいので動画でどうぞ。



CIMG0263.jpg
中細毛糸なので、上下に10目ずつ作り目を作りました。2~3段編んだところです。

CIMG0271.jpg
端の増し目は2段1目で行います。
この時無理矢理目と目の間の糸を捻って持ってくるよりも、前段で掛目した方がやりやすいです。
両サイド(1,2目残して)増し目をして自分のつま先に合わせていきます。(私の場合は糸が細いので全部で60目にしました)
並太程度でしたら44目~48目位が良いでしょう。

CIMG0273.jpg
大体、つま先を編み終えたらまっすぐ編み進めて踵を編んで行きます。

踵は次の記事で・・・。

関連記事

COMMENT 0